アイレーシックとは・・

視力が悪い場合、メガネやコンタクトレンズをつけることになります。メガネはスポーツなどを行う際に危険ですし、コンタクトレンズは面倒、しかも眼病になる恐れもあります。裸眼で生活できるということは素晴らしいことなのです。視力が悪い人が裸眼での生活をするために行う手術が、レーシックです。激しいスポーツを行うアスリートや、タレントさんなどがレーシックを行ったことで知名度もアップし、今では一般の方もたくさんレーシックを行っています。

角膜をはがしてフラップを形成するという方法の通常のレーシックが一般的でしたが、現在は、アイレーシックを選択する方が非常に多くなっています。アイレーシックは、一人一人の目の形を考慮し、その目の形にあわせてカスタムメイドできるレーシックです。フラップの作成、角膜の屈折矯正までを一人一人の目の状態にあわせてレーザー照射を行います。通常のレーシックではマイクロケラトームという機械を利用していましたが、アイレーシックの場合には、高性能のコンピューターで制御されたイントラレースFSレーザーを利用して手術を行います。

特徴としては、手術後の合併症や後遺症が少ないという点、また視力回復能力が高くなるという点、コンピューター制御で行う手術のため、再手術率が低下しているという点などが挙げられます。

Copyright(c) アイレーシックで念願の裸眼生活. All Rights Reserved.